2020年 1年のふりかえり(すぎやま個人的まとめ)

今年のお仕事とかを振り返ります。

昨年一昨年一昨々年も書いています。まあ、自分のメモとして残している内容です、色々ご勘弁をm(_ _)m

1年の振り返り

コロナウイルスの影響

今年はコロナウイルスの1年でした教育関係も影響は大きくありました。
札幌市(北海道)は感染の拡大が早く、2月28日から臨時休校になりました。
合わせて塾を2月28日〜3月6日までお休みにしました。家庭教師についてはご家庭のご要望を伺いつつやっておりました。2月末〜3月当初の臨時休校は「北海道高等学校入試選抜」にかぶっていて、休むに休めない時期なのに臨時休校に合わせて休まざるを得なかったり、何がなんだかわからず困っていました。新年度が開始してすぐの4月14日から休校になりました。塾の方は北海道独自の休業協力要請にしたがって「4月25日〜5月6日までお休み」にしました。結局、休校措置は6月当初まで続きましたが(6月から分散登校で開始)塾をお休みにすることもなく現在に至っております。

新年度開始直後に休校になって、新中学1年生の学習習慣(や生活リズム)がうまく作れないことが多く見られ、、、例年より「なんとなく遅れていろんな事が出てきている」感じがありました。

今年1年は家庭教師の強み、塾の強みを考えさせられる1年でした。

受験

昨年度の高校受験は1名のみ、道立は不合格・私立に進学となりました。

昨年度(令和元年度)の大学受験は受験前に1名が離脱。「自分で頑張ってみたい」ということで、10月までで離脱(その後5月から浪人生として復帰)しました。
今年度の大学受験が既に1名終えてまして。指定校推薦で無事合格でした。この生徒さんが中2〜高3まで長く関わらせていただいており、、、もしかすると「何をして大学指定校をとったか」のお話を書くかもしれません。

普段のお話

家庭教師

とてもありがたいことに、私(すぎやま)担当分の家庭教師は今年は空きが無い状況が続きました。
昨年入ってくれた小6の生徒さんたちがそのまま中1で継続してくれたこと、新たに小6の生徒さんが入って、、、ほぼ満杯、という状況になりました。

家庭教師についてはありがたいことに、半分くらいの生徒さんが週1回以上(週2回ないし、週1.5回:月6回)してもらえて、、、結果として「家庭教師の枠が空いていない状況」が続いておりますm(_ _)m。

塾の方もすぎやま担当分は空きが少ない状況が続きました。平日については空きがあるのですが、、、なかなか近隣の中学校の生徒さんを集めるタイプの塾ではないので、平日に通って来る生徒さんが増えない、、、というのが悩みどころでもあります(かなりCM:平日、塾は空きあります。高校の帰りによっていくとちょうどいいですよ!)。

塾では「保護者向けのお話会」を3回ほど開催しました。

  • ・3月 「大人の発達障害当事者とお話してみませんか」(元教え子+すぎやま)
  • ・6月 「当事者がお話・テスト前の勉強だけでどうやって点数を取った?」(元教え子+すぎやま)
  • ・9月 「叱る/怒るお話」(すぎやま)

といった内容でした。
基本的にオープンではなくクローズドな形、塾・家庭教師先のご家庭の保護者様に声がけをして行っておりました。(内容からもわかるかと思いますが)「聞きにくいこと、話しにくいこと」を話す場として考え、開催している関係で、お互いが分かっている関係性の中での開催とさせていただいております。
11月14日にも開催予定でしたが(しかも外部から講師を招く形で!)コロナウイルスの第3波によって開催延期(2月?3月?)となっております。(「本当に忙しいのは誰なのか」・現役道立高校の先生によるお話の予定です)

塾・家庭教師で「プリント」を出してます。

各ご家庭ごと・生徒さんごとに成績のお話だったり、大学無償化のお話とか看護大学の受験方法のお話といった細かい内容のものまで、、、欲しい人がいるなー、と思うとプリント作って出しました。
来年も各ご家庭で必要そうな内容のプリントを作りたいと思っていますm(_ _)m

BASE休憩時間。

実は6月以降、平日昼間に不登校やら学校に行っていないお子さん・生徒さんを受け入れています。

スライム写真


数名の生徒さんが利用してくださいっています。基本的に何もしないです。すぎやまは居ますが、自分のしたいことしてくれても良いですし「こんな感じでー」と言われれば、それっぽいことをしてみたり、、、。

スライム作りしつつ「ちょっとシャレオツな写真」を撮影してみたり、、、といったボケーっとした感じのことしてます。

ちょっとしたこと(すぎやまのこと)

今年は「網膜裂孔」をおみまいされました。急に目の中(視界)に水滴のようなツブツブが飛び回りまして、、、飛蚊症というやつです、、、網膜剥離の手前、網膜に穴が空いて眼球内に血液(か体液か)が入って、、という状況でした。翌日朝イチで眼科に行き、その場でレーザー治療(手術になるらしいですね)で、空いた穴の周辺を焼かれるという得難い経験をしました(笑)。体力・体調は弱いほうで「低空飛行で現状維持を続ける」ように気をつけているのですが、、、昨年・今年と体に影響が出ることがパタパタと出てきて、、、「網膜裂孔+レーザーで焼かれる、面白い」と生徒に思わず話しして心配されて、、、はじめて「ちょっと気をつけないとな」と思っております(反省中)。

8月で塾が満3年、4年目に入っております。家庭教師は今年で6年、7年目に入りました。
ほぼ全ての生徒さんが「1対1で授業」を受けております
テスト前に塾に自習しに来る生徒さん、特に高校生がテスト前になると本気を出す感じで自習にきます。、、、普段からやっててくれるとありがたいんだけどなー、と今年も思いました。
(ちょっとCM → 塾は平日に空きがあります。新年からor新年度からいかがですか?)

今年は中学受験の生徒さんが数年ぶりに居ませんでした。中学受験にも対応しています、実は(笑)。
受験に関してあまり表立って「どこどこ合格」ということを言ってもなー、、、と考えているので(行きたいところに行けるなら学校名はぶっちゃけどーでも良い)、学校名出しておりませんが、中学受験・大学受験ともにしっかり教えておりますm(_ _)m

ブログをたくさん書いた

例年に無く、記事をたくさん書きました。コロナでの休校を契機に「週1で書く」を静かな目標に、乱雑・粗雑、テキトーな文を書き散らかしました。noteにも書いてみたり(塾・家庭教師に直接関係しない内容のときにnoteに書いております)しました。

本当はもう少し「データを読んで適当にでも分析、ちょっと普通では考えない方向のお話」を書きたいのですが(いくつか元ネタになるものは蓄えているのですが)、、、サボっておりますm(_ _)m

生徒の状況や、塾での様子も書いたら面白いんですが、、、面白すぎて書けないことが多いです(笑)m(_ _)m

来年は、、、、

  • ・保護者向けのお話会は数回開催予定です。
  • ・そのうち1回は「高校入試についてのお話」の予定(入試の方法が変更になるので)です。
    ・来年度か再来年度から、すぎやま担当の塾を土日→平日1日+土日に戻したい。
  • ・家庭教師+塾という形は継続予定。

と考えてます。

昨年・今年と「体調を整える」ことを念頭において生活していました。筋力がそれなりに回復し、その分冬の寒さが堪えるようになっております(笑)。結局体調が整っていないのか?筋力回復し、柔軟性も回復したのに、、、(笑)。

今年も1年ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

この記事を書いた人
すぎやま

札幌の家庭教師屋さん・家庭教師がつくる塾BASEの人
名古屋出身・富山大学卒・富山で小学校講師・北海道で公立高校教員・家庭教師をしていたら塾ができていました。

すぎやまをフォローする
BASE 休憩時間。 家庭教師
シェアする
すぎやまをフォローする
札幌の塾BASE・札幌の家庭教師屋さん

コメント

タイトルとURLをコピーしました