私について

About Me
私について

どうも、はじめまして。札幌の家庭教師屋さん・家庭教師のつくる塾BASEの杉山裕康です。
平成25年度まで10年ほど道立高校で教員をしていました。

「家庭教師・塾を頼むときにはある程度どんな人間なのかわかった上で話をしたい」かなー、と思っています。
逆に家庭教師・塾をしている側としては
「どんなご家庭の状況で、何が困っていて、どんな手助けを必要としているのか」を知りたいのです。

私が
どんなことを考えて家庭教師をしているのか、どんな方向がお子さんにより良いのか、一緒に考えさせていただけるとありがたい、と思っています。

経歴・職歴・所有資格等

経歴

  • 平成7年 愛知県立熱田高校卒業
  • 平成11年 富山大学理学部卒業
  • 平成13年 富山大学大学院中退
  • 平成13年 富山県にて小学校講師
  • 平成15年〜北海道内高等学校にて講師・教師として勤務
  • 平成26年〜個人向け講師をはじめる
  • 平成29年〜個人塾BASEをはじめる

職歴

  • 富山県婦中町(現富山市)の小学校(4校)に情報教育アドバイザーとして勤務
  • 北海道札幌北高等学校定時制
  • 北海道野幌高等学校
  • 北海道石狩翔陽高等学校
  • 北海道札幌新川高等学校定時制(現在は閉課)
  • 北海道上ノ国高等学校
  • 家庭教師・塾を個人事業として行う

一年間の期限付教諭としての勤務も多くあるため勤務校数・勤務校の種類はとても多い方だと思います。

所有資格

  • 中学校教諭免許(理科)
  • 高等学校教諭免許(理科)
  • 特別支援教諭免許(知的障害領域)
  • 中型自動車運転免許

考えていること

色々な生徒を教えてきました。定時制高校や学力的に低い高校での勤務が多くあり、所謂「学習障害(LD)」や「注意欠陥・多動性障害(AD/HD)」の生徒、(古い用語ですが)「高機能自閉症(自閉症スペクトラム障害)」の生徒、「ボーダー」とよばれる障害までは行かないが学力をつけるには能力的に難しい生徒、、、またそれとは別に「アンダーアチーバー」の生徒がいて、、、。それぞれ、大変な思いをしながら学校に通っていたように思います。

「全てに完璧に対応するのは学校ではかなり難しい」、教員をしていた当時そう感じていました。
ただ、同時に「全ての生徒に対しての対応は大きく違わない」ことも感じていました。

つまり「わかりやすい授業を行い、毎回小テストを行い理解度をチェックして次の授業を行なう」ことが大事で、、、。
結局昔からよく言われていることに行き着くんだと思います。「何度も同じことを繰り返して覚えなさい」「ドリル学習は大事」細かく言えば違うのですが、大きく捉えれば同じことを今も昔もしているんだと思います。その細かい部分が大事で、、、そこをしっかり考えて行きたいと思っています。

「今の勉強方法が悪い、昔の勉強方法が良い」という話ではなく、私が経験してきた狭い範囲では「スモールステップで何度も繰り返して勉強する」ことで学力が低い生徒が大きく伸びることが多い、と考えているだけです。

ぜひ、一度お話させてください!

タイトルとURLをコピーしました