ふと気になって、道コン(2023年8月)のデータを整理してみた。

道コンの総合資料だけ、webで公開されています(2023年8月19日現在:おそらく次の道コン前に消えます)。
ここのとこ、保護者からの聞かれたり保護者向けお話会で話したり・聞かれたりしていたところが気になっていて、、、ちょっと、資料からデータ取り出して整理してみました。
ランク、どこが真ん中だと思ってますか??

ランクの分布はどーなってるんだろう。

というのが、気になってたところでして。
まあ、結果はわかりきったものなんですが、、、。

学力ランク、上から3つ、Aランク・Bランク・Cランクで、大体50%ですね(道コン受験者は)。

道コン受験をしてない人も居るので、単純には言えませんが、、、。
中学生のランクの分布はA〜Cランク(オール4以上・5の方が多い)の人で50%
→ 「半分」がCランク〜Dランク、にあるんですよね。
ここ数年、Gランクは半分どころか、下から10%くらい(最下位層)になっているわけです。

昔の、、、私(47歳:2023年現在)くらいの世代だと上位5%が5で、、、という「相対評価」でのランクの感覚があると思います。そこからは「大きく違う」状況です。
そしてここ数年の高校受験の改革・改正で、各高校の合格ラインも変化しているのです。

載せてないけど、起きていること。

各ランクの得点分布のグラフを作ってみました(ここにはスペースの関係上ありませんm(_ _)m)。

上の表中の赤文字は「各ランク・分布の最大人数の偏差値(点数)」を表してます。
いくつか「ランクと点数」の分布に大きな落差があるのが見えるかと思います。グラフにすると、もう少しわかりやすいのですが「得点集団」としてみると、、、「このランクは下のランクとつながる・離れる」というのが見えてきます。

どこの集団に居るのか、それによっては「下のランクでも受かる」があり得る、、、のかなー、と思いながら見ています。

表とグラフ、必要ならLINEかメールでご連絡ください。PDFでお渡しできるかと思います(というか、道コンホームページからダウンロードして作れば見ることは難しくないですm(_ _)m)。

今年のうちに、、、

おそらく、入試のお話はもう一回くらいします。
その時にこのお話はもーちょっと詳しくお話できるかなー、と思います。

まとまらず、終わりm(_ _)m

入塾・家庭教師について

面談・体験授業からスタートです!

個別のお問い合わせもこちらからお願いします。

家庭教師がつくる塾BASEホームページ
札幌の家庭教師屋さんホームページ も御覧ください。m(_ _)m

この記事を書いた人
すぎやま

札幌の家庭教師屋さん・家庭教師がつくる塾BASEの人
名古屋出身・富山大学卒・富山で小学校講師・北海道で公立高校教員・家庭教師をしていたら塾ができていました。

すぎやまをフォローする
分析
シェアする
すぎやまをフォローする
家庭教師がつくる塾BASE・札幌の家庭教師屋さん

コメント

タイトルとURLをコピーしました