どんな教え方してますか?という質問への解答

「どんな教え方してますか?」

まれに、公式LINEやメール、お電話でのお問い合わせで「先生のところではどういった教え方されていますか?」と質問されることあります。

、、、正直答えるのがスゲー難しいです。というお話ですm(_ _)m

普通のことしてます。

「普通のことしてます」と思わず答えてしまうこと多いです。小中学生がしそうな頭の悪い返事で申し訳ないなあ、と思いつつ、、、脊髄反射で答えちゃいます。

私(たち)は特に何か目新しいメソッドとか理論とかを発見したわけでも無いですし、新しい理論を提唱して特別な力を身につけさせて何か変革を!、、、とかでも無いわけです。

「学習・記憶の基本は繰り返すこと」です。繰り返しやるだけです。昔も今も変わらないです。

「繰り返させるために何か良い方法はありませんか?」とかもよく聞かれるんですが、基本的に無いです(笑)。繰り返すことが嫌なのは誰でも一緒のようです。「嫌なんだけど、〜だからやるか」ができるかどうか、、だと思っています。

(予定を組んで進めることもとても大事です。次回以降に「予定を組んでも実行できない生徒さん」のお話をしたいと思います)

「で、実際にはどうやってるんですか?」と聞かれるわけです。

生徒さんごとに違います。、、、というか、その日の生徒さんの状況を見て「やることを変える」のでどうやってるか、答えられないんですm(_ _)m

ある生徒さんの場合、機嫌悪そう・調子悪そうな時には「繰り返し同じような問題をすると落ち着く」んですが、
ある生徒さんの場合は「機嫌悪い時に繰り返し問題をやるとブチ切れる」、でも、ワークを埋めていくだけならできたりするので「今日はワークを進める」とか、、、。持っていったプリントならできる、簡単なパズルならできる、100ます計算ならできる、、、と「できる可能性のあることを先に多種類準備しておく」ようにしています。塾ですと本棚から出してきたりPCから印刷したりできるんですが、家庭教師の時は、、、生徒さんによっては大量の荷物とともにお伺いしてます(笑)。

何をどうしてるのか?

やってることはとても単純明快です。「その日のその生徒の状況を見極めて、できることをやらせる」だけです。
その為には色々必要になるわけで、、、、。
例えば「生徒の表情(目線、眉、口元)、態度(口数、動き、机の上の準備状況)、行動(鉛筆を持つ・回す、落書きする、足がブラブラ)」が普段とどの程度どう違うのかを瞬時に感じ取ってやることを決めると生徒さんは「流れに乗ってやってしまう」のです(笑)。そのために普段をどれだけ理解し、観察しておくかが大事で、、、どーでもいい話をたくさんして反応を探っていたりしています(笑)。

で、たまに「やることをやる日」を作ります。「今日はとにかく勉強するぞ」という嫌がっていても兎に角しっかりやる日を。明らかに「イライラしている日」であっても「5分あげるから暗記!小テスト!」といったことをしたりします。いつでもどこでも自分の思うようにできるわけではない(≒学校で嫌でもやらざるを得ない)ので、そういった状況でどのくらいできるのかを確認する(+そういったときでも自分の100%を出せるように)のも必要で、、、。生徒さんはスゲー嫌そうで申し訳ないなー、と思いつつ、、、。自分の限界や出来ない状況を覚えてほしいなーと思ってやってます。

「どんな教え方してます?」への正確な回答

「その生徒さんごと、その日ごとにやること違うのでなんとも言えないです」と答えています。
答えに苦慮する、、、絞り出してる、、、んです、実は(笑)。

一つには「教え方」が指し示す範囲が広くて答えにくいです。例えば今回書いたような「教えるために必要な事」のお話も「教え方」ですし、次回以降に書こうと思っている「予定を立てる・実行するための方法」も「教え方」の一部だと思います。生徒さんの状況、ご家庭のお考えによって「何を聞きたいのか」が違うと思っています。で、全てに答えるのが筋だろうと思うのです。、、、そうなると「メールやお電話」ではなく「面談しながらお話をする」のが一番良い答えができるな、、、と思ってしまって、「面談でお話させていただけませんか?」と(ほとんどの場合)最初の返信で書いています

つまり、正式な「どんな教え方していますか?」への回答は「面談でお話しましょう」です(笑)。生徒さんの状態・状況によって教える内容が変わりますし、順番も変わるし、、、生徒さん見てからじゃないとお話できないです。大雑把な話、、、は書いたとおりでございますm(_ _)m

ぜひ一度面談してお話させて下さい。

入塾・家庭教師に関して

どうやって教えているか、別に隠すこともないですし特別なことをしている意識はないです。
ただ、生徒さんごとに細かく見ていて、個々にやることを変えているので基本1対1でしかできないんです。効率悪いですm(_ _)m(笑)

面談+無料体験授業からのスタートです!
その他、個別のお問い合わせもこちらからお願いします。

家庭教師がつくる塾BASEホームページ
札幌の家庭教師屋さんホームページ も御覧ください。m(_ _)m

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました