2021年・北海道公立高校入試最終倍率が出ました。

3月1日に最終倍率が発表となりました。
大きく上がったところ、下がったところのお話など、、、大雑把にしておきたいと思います。

どちらかというと「中学2年生・1年生」に「来年以降を考えてもらうため」のデータ整理です。当初の倍率からどう変化したのか、、を見て「倍率だけで考えても意味がない」とわかってもらえるとありがたいなー、というお話です。

当初倍率からの変化

上位校・東西南北など

校名当初倍率昨年当初倍率最終倍率昨年最終倍率
札幌東高校1.42倍1.50倍1.40倍1.41倍 
札幌西高校1.52倍1.51倍1.49倍 1.42倍 
札幌南高校1.40倍1.2倍1.29倍 1.17倍 
札幌北高校1.28倍1.3倍1.22倍1.26倍 
札幌国際情報高校1.59倍1.58倍1.59倍1.48倍 
市立旭丘高校1.55倍1.54倍1.62倍 1.52倍 
当初倍率 2021年2月26日、最終倍率 2021年3月1日 北海道教育委員会HPより

大きく上がったところは旭丘高校だけですね。ほとんどのところは若干下がる(倍率が高くて逃げた)傾向が毎年ありますので、0.05倍〜0.1倍くらい下がるのは例年通りです。

例えば、、、旭丘高校の推薦は112名受験で64名合格、合格率57%。
当初の受験者数(推薦含む)が497名→出願変更489名→推薦合格発表後(最終)414名で、、、。
489名ー推薦合格者112名=377名+推薦不合格の48名=425名。9人くらいが推薦に落ちて別のところに行った、、、という感じですね(大雑把な話ですm(_ _)m)。

旭丘高校は今年、推薦入試も大量に受験していて(112人)人気が高くなってきている様子です。ちょっと前には国際情報高校が同じ様に高い時期が2年くらい続いていたような気がします。今後も高いまま推移しそうな感じがありますが、、、さて、どうなるでしょう。

倍率が大きく上がった・下がった高校

校名当初倍率昨年当初倍率最終倍率昨年最終倍率
札幌啓成高校 理数1.98倍1.83倍2.13倍1.98倍 
市立藻岩高校1.42倍1.30倍1.59倍 1.36倍
大麻高校0.90倍0.79倍1.04倍 0.92倍 
札幌国際情報高校 国際文化1.15倍1.21倍1.30倍1.25倍
札幌南高校1.40倍1.2倍1.29倍 1.17倍
当初倍率 2021年2月26日、最終倍率 2021年3月1日 北海道教育委員会HPより

啓成高校理数科は、例年倍率が高い高校として出てきます。ココは「理数科で不合格→普通科で合否判定、普通科合格」があるので、チャレンジで受験する生徒も多く、倍率が落ちることはあまり無いです。

藻岩高校はクラス数が減る&単位制に移行するというあたりで人気が高めで、、、出願変更後の数字の「推薦人数を減らした倍率」で考えていれば特に大きく倍率が変わっていないんですよね。

大麻高校は「お買い得」というお話を何度か書いている高校で、、、やはり同じことを考える人達が多かった様子で、再出願で20名ほど増えています。それでも倍率1.0倍付近ですので、合格しやすそうですよね。

札幌南高校は、倍率が0.1倍程度落ちました。例年若干は落ちるんですが、今年は落ち幅大きかったようです。

倍率のお話

倍率はあまり合否に関係をしません。
流石に2倍以上倍率の場合は「倍率が高いので落ちるかも」というお話になるのですが、、、。

例えば、合格定員が200名、受験者が220名の高校を考えると、、
倍率は 220÷200=1.1倍 となります。単純に20名が不合格になる、という話です。

ただ、合否を考える上で「どういった生徒が、どういった学力レベルで受験するか」ということを考えて欲しいのです。「全ての生徒が全く同じ実力」であれば「倍率が高いと落ちる可能性が高くなる」と思います。しかし現実には「例年の合格者平均ライン付近」で散らばっているかと思います。ボーダーライン付近で散らばっているのではなく、平均ライン付近。で、あれば「下から20人」に入らない可能性が高いと思うわけです。
「ボーダーラインぎりぎりで挑戦する人」にとっては倍率が高くなるとキビシイ戦いになりますが、ランクに余裕があるとか例年のボーダー点数を常に超えれてるとか、、、だと全く倍率は関係ないわけです。普通、中学校からはどっちかに余裕がないと「ちょっと考え直した方が良いよ」と言われるはずで、、、中学校がOKを出したのであれば合格者の平均ライン付近に居るだろう、と思っていい(ハズ)です。

つまり「ランクと当日点」が大丈夫であれば「倍率は無視していて問題ない」わけで、、、どちらかというと「倍率=その年、人気がある高校」と考えていればいいと思います。

、、、でも、毎年、倍率の話を書きます。それは「この高校人気あるよ!」とか「この高校人気無いけど、大学入試で結構いいとこいけてるよ!」といった話中学1年生・2年生にとっては大事だからです。
どこを受験するか考える時、「今の自分の力で入れるのか」と「入ったあとどうなのか」まで考えるときの「きっかけ」「入り口」として「倍率が高いんだって」とか「低くて誰でも入れるって」という話がわかりやすいと思うのです。

例年、ほぼ誰にも見せないデータ整理をしております(ココに書きにくい話ばかりで(笑))。
今年は高校受験終わって、4月か5月にデータ整理したもののお話をしようかなー、、、と思ってはいます。今の成績がどのくらいの高校で、、、といったお話を保護者・生徒向けでしようかな、、、と考えておりますm(_ _)m

今年は、3月3日に予定されていた公立高校入試が雪の影響(とコロナでJRが間引き運転だったから?)で4日に延期となりました。まさか、延期になるとは、、、。過去に例がないわけじゃないですが、一斉に全道で、は初だったようです。
来年から受験方法が変わり「裁量問題・標準問題」ではなく「問題は1種類・100点満点5教科・500点」となります。どの教科も説明させるような問題が増えると考えられます。
新中学3年生・2年生(の保護者さん)が興味持ってちょっと調べてくれると嬉しいなー、と思っております。

 入塾・家庭教師に関して

面談+無料体験授業からのスタートです!

生徒さんごとに合わせた受験のお話は面談しながらじゃないと難しいです。
できれば今の状況聞きながら、受験に向けてのお話をさせてもらえるとありがたいのです。


面談させていただいて、お話できると「この高校は、、、」とかお伝えできるかと思います。m(_ _)m

個別のお問い合わせもこちらからお願いします。

札幌の塾BASEホームページ 札幌の家庭教師屋さんホームページ も御覧ください。m(_ _)m

この記事を書いた人
すぎやま

札幌の家庭教師屋さん・家庭教師がつくる塾BASEの人
名古屋出身・富山大学卒・富山で小学校講師・北海道で公立高校教員・家庭教師をしていたら塾ができていました。

すぎやまをフォローする
中学 受験 家庭教師 教育 高校
シェアする
すぎやまをフォローする
家庭教師がつくる塾BASE・札幌の家庭教師屋さん

コメント

タイトルとURLをコピーしました