受験

2018年度・中学生が夏休みが終わってからしておくこと。

毎年のことではありますが、定期テスト〜夏休みという間はブログを書く余裕がなかなか出来ません。時間もネタもあるのですが、余裕がない(体力的に・生徒の対応していたり、で)のです。今年も気がついたら8月が終わりそうです。平成最後の夏も海にも山にも行かずに終わりそうです(笑)。

続きを読む

受験は公正公平なものなのか?(某医大受験の報道から)

女子生徒を減点→ダメぜったい。

某医大が女子受験生の点数を引いて、男子受験生に加点(それ以外にも色々加点のルールがありましたが、割愛)していたという問題。

まあ、間違いなく「ダメ」ってのが正解です。ただ、色々な意見を見ていると、、どうも納得行かない話があるので、メモ代わりに。

続きを読む

北海道公立高校・平成32年度入試に関係する「高校配置計画」のお話

平成31年度〜33年度道立高校配置計画・石狩地域のお話

公立高校配置計画が出ました。今年の受験に関係するほどの学級減はありませんでしたが、、、来年の受験はちょっと、、、ということで焦って書いてみました。取り急ぎ、雑感になっていますがお許しください(教育相談・面談ではもう少し細かいものでお話できるように準備しております)。

続きを読む

学校のお金は誰が払うべきか? その2

学校のお金は誰が払うべきか? その2

今回は「学費誰が負担するのか?」のお話です。前回は「大学にかかるお金と奨学金のお話」でした。

ちょっと前にテレビでこんなお話ありました。

「「教育費は子どもに払わせるべき」林修の主張の真意は 自己破産者が減る?」

子どもが「学費」の負担? → 自覚したらいいことあるんだけどね、というお話。

続きを読む

大学・高校の全入時代は既に来ているけれど、絶対に「来ない」理由

大学・高校の全入時代は既に来ているけれど、「来ない」理由

全入時代が、、、というお話。今回の元ネタはこの記事

結論を簡単に書くと「どこでもいい」なら大学でも高校でも入ることできますが「ここがいい」ならそんなことは全く無い、という話です。
続きを読む

平成30年 北海道公立高校入試 分析

平成30年 北海道公立高校入試 分析

今回の試験、理科は大変だったようです(実験考察系の問題の出題が多かった)。結果はおそらく合格点は全体的に下がるだろうという予測(数週間するとリンク先無い可能性あり)が出ています。 続きを読む

中学2年・1年生向け! 北海道公立高校ボーダーラインの使い方

中学2年・1年生向け! 北海道公立高校ボーダーラインの使い方

3/6に平成30年の道立高校の入試が終わりました。、、、ということで「来年の入試が始まる!」とか言うわけですよ、先生たちは(笑)そう言われても「ハイハイ、勉強すればいいんでしょー」って反応が当たり前だと思います。

で、今回の受験の結果が「自分の成績」だとどうなるか?が調べられるってお話をしようと思います。行きたい高校あるなら、調べられますよー。 続きを読む

平成30年 北海道公立高校入試 ボーダーライン地図

北海道公立高校入試 ボーダーライン地図

毎度のものですが、平成30年3月6日の平成30年北海道高校入試のボーダーライン地図を作りました。過去の結果も見たい方はこちらのまとまってる地図をどうぞ

結果考察

は近日中に掲載。

 

 

 

平成29年度 受験結果 速報

平成29年度 受験結果

具体的な校名については公表を考えておりません。受験結果について出すべきなのかも悩むところです。しかし当塾にどんな生徒がいるのか、どんな状況なのか、「受験結果」はわかりやすい指針になると思っています。
現在は部分公表という形を取らせていただいています。 続きを読む