英語の勉強 中学生編

  • LINEで送る

「英語の勉強 中学生編」

中学に入学したての頃、英語の授業はアルファベットから始まり「こんなの楽勝!」と思っていたのも束の間、夏休みが過ぎて、「三・単・現のS」が出てくるあたりで、躓き始める中学生は多いのではないでしょうか?
あるいは、二年生になって、不定詞の用法でこんがらがっている人もいませんか?

中学の英語は本当に大切です。

中学の英語が完璧にわかっていれば、日常英会話がほとんど困らないレベルになるのはそれほど難しくないでしょう。
そして、大学受験においても、中学の英語が完璧ならば高校生になって躓いてもなんとかなります
(少々の時間と手間と工夫は必要ですが…。その辺りの詳しいことはまたの機会に…^_^;)

しかし、中学の英語で躓いた場合、大学入試での英語はかなり厳しい状況になります。
その状態のままで大学受験を考える場合、入試科目に英語がある大学はほぼ諦めると言うことになってしまいます。

将来、大学受験を考えている中学生で、今英語が苦手の生徒さんは、ここでなんとか取り返すことを本気で考えなければなりません。

英語、ちゃんとやってるはずなのに

でも、真面目に授業を聞いているのに、塾へ通っているのに、なんだか英語がイマイチ…。と言う生徒さんも結構いるかと思います。

あなたが今、中二あるいは中一なら、英語の成績が上がる特効薬があります
それは、特別な問題集を使うことでも、腕利きの先生に習うことでもありません。
ただ教科書を暗記することです。
これだけで十分です。
ただし、暗記といっても頭の中で言えるだけではダメです。
きちんと書けるようになることです。
これまで学校で習ったところを全て暗記して書けるようになったら(もちろん、日本語の意味も理解した上で)、それだけで、ほとんどの中学の英語は自然と身につきます

三ヶ月も一生懸命にやれば、中学1・2年の教科書なら暗記できるはずです。
「そんなわけねぇだろ」
「もし効果が出なかったら労力のムダだろ!?」という人、
それじゃ、今まで通りの勉強を三ヶ月続けて英語の成績が上がる自信がありますか?
まずは騙されたと思ってやってみてください。

 入塾・家庭教師に関して

勉強方法には色々ありますが「効果が出る」かどうかは「やり続けるかどうか」だったりするものです。
色々な方法を試す前に「一つの方法をやり続ける」ことが大事です。

「騙された」けど、3ヶ月しっかり継続できるか、、、ということなら、一回面談来てみてください。
解決できることあると思います。

面談+無料体験授業からのスタート!

個別のお問い合わせもこちらからお願いします。

札幌の塾BASEホームページ
札幌の家庭教師屋さんホームページ も御覧ください。m(_ _)m

The following two tabs change content below.

たかはし

家庭教師のつくる塾BASEの人 その2 北海道出身・東北大学卒
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA