平成30年 北海道公立高校入試 最終倍率が出ました。

  • LINEで送る

北海道公立高校入試 倍率

北海道立高校出願最終状況が出ました。詳しい数字はリンク先で見てください。
石狩(というか札幌市内+α)に関して当初倍率・最終倍率を地図にプロットしてあります。

当初倍率のお話(北海道公立高校入試 出願状況 倍率のお話。)

ボーダーラインで検索してくる方が多いようですので、コチラもどうぞ(2018.02.15追記)

平成30年入試 ボーダー ランクとテスト点 倍率

平成30年 高校入試ボーダー ランク・テスト点 倍率 地図です。ご利用くださいm(_ _)m

ランク・テスト点に関しては載せていません、もちろん、まだ入試してませんので(笑)。
前回の記事で取り上げた倍率について答え合わせがてら書いておきます。

意外な高倍率

校名 学科 倍率(今回) 最終倍率 昨年
札幌国際情報高校 国際文化 1.8倍 1.7倍 1.4倍
札幌国際情報高校 理数工学 1.6倍 1.6倍 1.1倍
札幌平岸高校 普通 1.8倍 1.7倍 1.3倍
札幌厚別高校 総合 1.4倍 1.3倍 1.0倍

低倍率校

校名 学科 倍率(今回) 最終倍率 昨年
札幌西陵高校 普通 0.9倍 1.0倍 0.9倍
札幌東陵高校 普通 0.8倍 0.9倍 0.9倍
札幌あすかぜ高校 普通 0.9倍 0.9倍 1.1倍
野幌高校 普通 0.7倍 0.7倍 0.8倍
北広島西高校 普通 0.8倍 0.9倍 1.0倍

今回は間違いなく平岸高校普通科は下がって、それでも1.6倍程度はあるかと思います。また、厚別高校も1.2倍程度までは下がるのではないかと思っています。平岡高校がここ数年倍率が高め(1.5倍)でしたが、1.2倍と落ち着いてきていますし、北広島西(0.8倍)に通うことが可能な場合も多いと思われます。同地区の白石高校も下がる可能性ありますね、厚別高校と同じ感じです。

中位から下位で上がりそうなのは先程あげた平岡高校と、東豊高校(丘珠から流れてくる?)、、、といったところでしょうか?
上位から中位では、札幌北、月寒あたりは例年よりも低い倍率で、合格圏が動く可能性あります(ボーダーが下がる?)。

と、予測してました。

実際には、平岸高校が、1.7倍(1.725倍)で、コンマ2ポイントは下がらずでした。厚別高校も同様に1.3倍(1.3357…倍)でした。
平岡高校(1.2倍)・白石高校(1.3倍)は変わらず、北広島西高校が0.9倍に増加(おそらく厚別高校からの流入)しました。
東豊高校も変化せずでした。

札幌南高校の1.5倍→1.3倍は、旭丘高校1.4倍→1.5倍辺りに動いた感じが見えます。数字で追うと、上位校下部の数字は動いているのですが、倍率が出るまでではない感じでの動きでした。

もう少し「合格しやすい高校に流れる現象」が倍率にハッキリ出るかと思っていましたが、そこまでではなかったようです。
平岸高校などいくつか例外を除けば、結果として「例年と大きく変わらない倍率」という印象でした。

ここのところ、、、昨年度まで平岡高校・真栄高校の倍率が高めで推移していたように、年ごとに集中する学校があるように見えます。人気校・二番手校は気をつけて見ておく必要あるかと思います。

取り急ぎ、このくらいで。

入塾・家庭教師に関して

  • お問い合わせ
  • LINE@「札幌の家庭教師屋さん」(←でLINE登録できます)
  • お電話 050−5318−8393
    よりご連絡ください。よろしくお願いします。

札幌の塾BASEホームページ
札幌の家庭教師屋さんホームページ も御覧ください。m(_ _)m

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA